Tanka fresh.®

青果物鮮度保持剤 TANKA fresh.® タンカフレッシュ®

TANKA fresh.® タンカフレッシュ®

Tanka fresh.®(タンカフレッシュ®)は中高温で炭化した竹炭を10ミクロン以下に粉砕した微粉竹炭と、日本茶カテキン、シリカを主原料にゲル化したものです。天然由来成分で作られており、非常に安全性が高く、通常の約8倍の鮮度保持効果可能の吸着剤です。
青果物が発するガス類(エチレン、アセトルデヒドモニ) を短時間で吸着することにより、鮮度劣化を抑え新鮮な状態を保ちます。


タンカ フレッシュ®の製造工程から見る特性

青果物の輸送や貯蔵で鮮度保持に多くの課題があることがわかり、炭を主原料にした高性能な吸着剤を開発し、青果物の鮮度保持剤として特化しました。
Tanka fresh.®(タンカフレッシュ®)は捨てられるものから作られる革新的で高付加価値の吸着剤です。
すなわち放置竹林から竹炭を製造し、三番茶以降の使われないお茶から高濃度カテキンを抽出し天然由来の原料から開発したものがTanka fresh.®(タンカフレッシュ®)です。

タンカ フレッシュ®の製造工程フロー


タンカ フレッシュ®の新規性と革新性

青果物は呼吸による体内糖分の消費に伴う代謝としてのアルデヒドガスやアルコール、成長ホルモンであるエチレンガスやアンモニアガスを放出します。
植物はこのほか雑菌や真菌による腐敗発生ガスによる青果物の鮮度への影響が考えられます。
今までの鮮度保持の考え方は、呼吸と蒸散による鮮度を失う原因に対してエチレンによる影響が主体とされてきました。
しかし、エチレンガス吸着・分解だけでは鮮度保持ができない青果物が多くあることがわかってきました。
このため、鮮度を阻害する要因のガス類に対する排除方法が必要です。
これらのガスに対するTanka fresh.®(タンカフレッシュ®)の吸着性能を、代表的なガス(アンモニア・アセトアルデビト・エチレンガス)の吸着試験結果を下記に示しています。
アンモニア・アセトアルデビト・エチレンガスの吸着試験では、短時間で吸着できることがわかります。

立証グラフ


吸着剤としての優位性と他製品との比較

比較表


立証された効果

青果物に対する実績は、野菜・果実・花卉類・鉢物です。
結果に多少ばらつきはありますが、混載・温度管理状態で7〜14日の鮮度の確保ができています。

鮮度保持効果の比較


シチュエーションに合わせたサイズ展開

Tankafresh(タンカフレッシュ®)はSSサイズ~Lサイズまであり、青果物の種類や量で使い分けができます。

TANKA fresh.®タンカ フレッシュ®SSサイズ

TANKA fresh.®タンカ フレッシュ®Sサイズ

TANKA fresh.®タンカ フレッシュ®Mサイズ

TANKA fresh.®タンカ フレッシュ®Lサイズ


Tanka fresh.®(タンカフレッシュ®)のお試しセットをご用意しております。

株式会社 炭化オンラインストアでは、Tanka fresh.®(タンカフレッシュ®)のお試しセットをご用意しております。この効果を是非実感してください。こちらの購入ボタンからもご購入いただけます。

タンカ フレッシュ®はオンラインストアでご購入いただけます!