kaihatu

竹細工などの需要が減ったために放置されている竹林。
そのこれまで捨てられていた竹を利用し、エコでしかも安全なエチレンガス吸着剤を開発。従来の吸着剤とは違い天然成分のみで構成されているため安全性がケタ違いです。

Tanka fresh.

放置竹林の活用によって生まれた佐賀県の竹炭と嬉野茶を主成分とする、高機能な吸着剤「タンカ フレッシュ」。エチレンガス、アンモニアやアセトアルデヒドを短時間に吸着。青果物を長時間新鮮なまま保存することが可能になります。

詳しくはこちら
Tanka fresh UV

いままで、難しかった混載での野菜や果物の鮮度保持。有害な物を使わずに、天然由来成分と光触媒の技術でローコストで安全な鮮度保持が可能になりました。しかも、コンテナ・輸送トラック・倉庫等々にも後付け可能ですので大きな設備投資をせずに、他社との差別化を図れます。この技術は今、世界各国から注目を集めていて、今後の青果物輸送のマストアイテムになっていくものです。

詳しくはこちら